近年、ストレス社会と言われる時代になり、心因性のものが起因することで勃起不全になる男性も増えています。
そのため、バイアグラを利用したいという男性も多いのですが、問題はどうやって手に入れるのかという事になるでしょう。
バイアグラの入手方法には、正規ルートと不正規ルートがあります。
正規ルートとは、医療機関で処方してもらうことです。
不正規ルートとはインターネットでの購入です。
バイアグラはED治療に利用されている、れっきとした“医薬品”です。
そのため、本来は医師の診察を受けて処方してもらわなくてはいけない薬なんです。
医薬品の販売は医療機関のみと国で定められているため、日本においてネットでのバイアグラ購入は認められていません。
とはいえ、インターネットで購入できてしまう事実があるので、実際に利用している人が少なくないのも事実です。
その理由としては、料金面でのお得さ、手軽に手に入る便利さ、医師とはいえ他人に知られるのは恥ずかしいなどという意見もあります。
しかし、手軽に入手できるとはいえ、やはりインターネットでの購入はオススメできるものではありません。
では、何故インターネット購入がいけないのかという事に着目してみましょう。
ネット上には得体の知れない粗悪品が多く出回っているという問題があります。
バイアグラの正規品はファイザー社製の物となりますが、違法なジェネリック品も少なくはなく、その大半は偽造品だとされています。
粗悪品を服用したら、どのような人体被害を受けるかは予想できません。
また、バイアグラの正規品であっても、医薬品ということで使用方法を守って服用する必要があります。
元々バイアグラは血圧の薬だったものなので、特定疾患や服用している薬との飲み合わせもあります。
バイアグラは用法・容量を守ればEDには効果的ですが、服用を誤れば死に至る危険性もあるということで、正規ルートでの入手をおすすめします。