バイアグラが
元々狭心症のために作られた薬だということはよく知らてていることです。
ところがこのバイアグラ、
本来は狭心症の薬だったのに、
狭心症を改善する効果はほとんど見られなかったといいます。
そのかわり、
その副作用として陰茎の勃起を促進するという効果が認められました。
元々狭心症のための薬だったのに、
どうしてその副作用が陰茎の勃起を促進することだとわかったのでしょうか。
それは、バイアグラを試した人が、
なかなかそのバイアグラを返そうとしないことからわかったのだといいます。
つまり製薬会社の社員が試してみて、
夢のような勃起作用に返したくなくなったということなのでしょう。
バイアグラを研究していた研究者は、
まさか自分の研究していたバイアグラが、
当初考えたのとはまったく違う効果を持つとは考えなかったでしょう。
その偶然わかったバイアグラの効果のおかげで、
どれくらい多くの男性や女性の運命が変わったかわかりません。
どうもバイアグラを飲むことで血管が拡張し、
陰茎に送られる血液が増えることで勃起が持続するということのようです。
男性も中年以降、
EDに悩まれる方がたくさんいるようです。
男性にとって、
自分がEDであるというのはなかなか認めたくないものです。
バイアグラが登場するまでは、
EDの治療方法としては、
手術が一般的な方法だったといいます。
人工の器官や薬剤などを使っていたそうですが、
手術内容を見ると考えただけでも痛そうな手術です。
それがバイアグラの登場で手術の必要がなくなったのですから、
世の中のEDに悩んでいた男性にとって福音のように思えたでしょう。
いまバイアグラを購入しようとすると、
クリニックでの診療が必要になります。
自由診療であることで診察はかなり高額で、
バイアグラ自体もかなりの高値です。
瓢箪から駒で偶然開発することができた製薬メーカーは、
バイアグラのおかげでかなり潤ったのではないでしょうか。
どちらにとっても夢のくすりということでしょう。